<

飯沢康輔ブログ 眠鮫日和  Art & Whisky
by exuok
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
アート
ウィスキー
ライフ
なかんじょライフ
インフォメーション
ワークショップ
トラベル
アトリエ
ボランティア
中之条ビエンナーレ2017
ウサギガジェット2016
動画
中之条ビエンナーレ2015
中之条ビエンナーレ2013
中之条ビエンナーレ2011
小須戸ARTプロジェクト2015
小須戸ARTプロジェクト2014
森は根で夢をみる
さくらnet 東北
sanma de DeeP Night
go-ya de baton
時の渚にて
あおプロ2007
桐生再演
Whilpool
The Road Not Taken 京都
最新のコメント
でしょー! そのうちにど..
by exuok at 14:01
北さん、久しぶりです! ..
by exuok at 08:16
ご無沙汰してます。 文..
by 北原です at 23:54
新岡さん お久しぶりです..
by exuok at 15:58
ありがとござます。時間や..
by exuok at 21:06
すてき・・・。 セロフ..
by かま猫 at 00:00
くまさん、暑中お見舞い申..
by exuok at 08:08
かわいい豚さんですね!私..
by くま at 08:03
ワタリ! ひさしぶりー..
by exuok at 16:16
しらさーん‼︎ すみま..
by watarx at 12:33
こちらこそ、いつもありが..
by exuok at 07:05
遅くなりました、今回の上..
by 夜っ師ー at 01:19
夜っ師ーさん、ありがとう..
by exuok at 06:36
熊谷さん、上にも書いてあ..
by exuok at 06:33
おお、かえたのかね、おめ..
by 夜っ師ー at 13:18
あずきちゃん号に替わって..
by くまがい まさ at 09:09
わたしのサイトに自分のレ..
by たじまてつや at 02:35
たじまさん、お疲れさまで..
by exuok at 21:19
そんなに難しくもないです..
by たじまてつや at 01:24
お越し頂きありがとうござ..
by exuok at 17:24
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
リンクス
ブログパーツ
ライフログ
記事ランキング
画像一覧
<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ウチナー 時間 <2>

d0045159_21582351.jpg2/18 嘉手納のホテルで朝飯。
天気良好、無風。
恩納村の真栄田岬、地元民の隠れ家的ビーチ。貸し切りキャンプだー!
d0045159_221418.jpg
2月にキャンプだよ!泳いだし。

d0045159_22124847.jpg旨すぎだってば〜、もーっ エビッ!

d0045159_22213677.jpgそして、高級ブランドショップ発見!
d0045159_22245952.jpg
こう言うのって、何て言うかさ〜、いいよねぇ、こう言う時間って。

d0045159_22281366.jpg
月明りにキャンドルナイト。


d0045159_2235272.jpg2月19日 那覇市、国際通り、急に都会。ちょっと雨。

そう言えば、沖縄の人って傘をささないんだって。
ハブッハブッハブッハブッハブッハブッハブッ!d0045159_22482638.jpg
d0045159_22504415.jpg
賑やかなメインストリートからちょっと裏路地に入ると、そこはもう魅惑渦巻くカオス地帯。ぐいぐい深みにたぐり寄せられてしまってる。地元ではスージーグヮ(スジ道)って言うんだって。でも意外と店閉まんの早い。

d0045159_22584377.jpg
あー、こう言う店に入りたかったんだぁ。
d0045159_2314674.jpgんで入った。

テビチそば、これで400円とは!
うう、帰りたくない、このお味。

それはそうと、マブヤーって知ってますか?

d0045159_237839.jpg沖縄御当地ヒーロー”琉神マブヤー”
沖縄の子供達に大人気だそうで、かなりゆるい展開ながら、それなりに世の中を守っているようだ。

興味を持ったのが”マブヤー”の語源である”マブイ”。
沖縄のアイデンティティーに大きく関わる概念のようだけど、ちょっと聞いただけでは、いまいちピンと来ない。
”マブイ”とは魂のことで、転んだ時など、この”マブイ”が身体から飛び出してしまうらしく、「マブヤー マブヤー」と言って、拾って元に戻さなければならない。
事故にあった時には、後で現場にわざわざ拾いに行くらしい。もちろん目には見えないが。

このヒーローはそんな古くからの沖縄の信仰を色濃く反映しているのだ。そして現代の子供達が見ている。何だかとてもステキだ。

d0045159_23324947.jpgこれが悪の軍団の戦闘員、まあショッカー的な役割の、クーパーさん(何号か解りませんが)
悪と言うが… 何とも愉快な奴だ。

さて明日はフライト、壺屋の1000円ドミトリーに帰るとするか…


d0045159_2339828.jpg2月20日 朝飯を求めて市場周辺を歩く。

美味しそうなお惣菜が並んでいる。
ラフテーとポータマを買って食べた。
ああ、旨いなぁ。
11:35 機上の人に。
d0045159_23452768.jpg
またね〜。


Thank you for Yuji&Emiko!!!!!
by exuok | 2013-02-20 11:35 | トラベル | Comments(0)
ウチナー 時間 <1>
2月14日 18:15 那覇空港到着。南国の空気だ。レンタカーで南へ。
奥武島(おうじま)の”民宿おおじま”で一泊。早くも三線つま弾く地元のオジさん達と酒盛り。幸先良好。
d0045159_156144.jpg

d0045159_1571169.jpg2月15日 ニンジンシリシリーの朝飯。

”民宿おおじま”のオイちゃんオバちゃんの温もり伝わって来た〜。
d0045159_157529.jpg昨夜ご一緒したとってもファンキーな方々。

午前中”ガンガラーの谷”ツアーに参加。
森の中を、だいたい80分ぐらい歩いた。ちょっとしたジャングル探検。
d0045159_1585321.jpg
”ガンガラーの谷”は珊瑚の鍾乳洞が崩壊してできた谷なのだ。イキガ洞(男洞)イナグ洞(女洞)と呼ばれる2つの洞穴があり(写真はイキガ洞)、男女の性を象徴する見事な自然の造形物が祭られ、安産や良縁を祈願する神聖な場所として現在も地元の人が信仰している。
ガンガンガラガラ〜っと石が落ちる音から来た名前だそうな、ほのぼの〜。港川原人も住んでたらしいよ。

d0045159_15102078.jpg樹齢150年の大主(うふしゅ)ガジュマルが谷を覆う。スゲー!

ガジュマルって歩くんだよ。
d0045159_15104574.jpgタコライスと沖縄そばの王道セットで昼ご飯。

ここも聖地。
d0045159_15114392.jpg斎場御嶽(せーふぁうたき)の三庫理(さんぐぅい)

ここを抜けると…
神の島、久高島が見える。海の彼方の理想郷、ニライカナイに通じる聖なる島。
d0045159_15123961.jpg
太陽が島の向こうから昇る様子がここから見えると言う。太陽を崇拝する琉球信仰、さぞ神々しいことだろう。
久高島の聖域は、男子禁制だけどね…


d0045159_15141698.jpg2/16 ところ変わって、北部、金武町、ネイチャーみらい館。

空と海、キャンプにバーベキュウ、食べ方自由。
d0045159_15143538.jpg夜はじっと火を見る。
っつか風強え!


2月17日 キタよー、美ら海水族館だー!
d0045159_15152596.jpg

d0045159_15161430.jpgカメだー!
d0045159_1516406.jpgクジラだー!
d0045159_15173888.jpg
ジンベイザメだー!

d0045159_1518149.jpgイカだー!



ウチナー 時間 <2> につづく
by exuok | 2013-02-14 18:15 | トラベル | Comments(0)
つらららら〜♪
使えるよ。
d0045159_12422042.jpg

d0045159_12472163.jpg例えばこんな風に、つららのマドラー!
一石二鳥、良いでしょう〜。
コタツで鍋にハイボール…、う〜ん、日本の冬を愛す。
by exuok | 2013-02-13 12:52 | ライフ | Comments(0)
鬼と歩く2

d0045159_023463.jpg

d0045159_024227.jpg

d0045159_025475.jpg

d0045159_0254035.jpg

d0045159_0261390.jpg

d0045159_0262482.jpg

d0045159_026363.jpg

d0045159_0264543.jpg
歩き続ける振りをしている。
呼ばれていないのに、振り返ってみた。

とらえられないあなたのそばで。
by exuok | 2013-02-12 00:07 | トラベル | Comments(2)
肉体へのエクソダス・田島鉄也個展
アスファルトである。黒く重たくざらついた、世界の隅々にまで横たわっている、アレである。これがなければ世界はもっと狭かったのかもしれない。我々はこの物質の恩恵を受けている。が、一方で森を分断し、大地を覆い隠し、工事の度に悪臭をまき散らし、犬や猫や人間を捻りつぶす舞台となっているアレである。そのアスファルトが目の前の壁に張り付いている。いや、壁に掛けられた紙の上を流れ落ちているのだ。自重に耐えかね、だらしなく垂れ下がっている。時折、アスファルトが音を立てて落ちる。まるで世界の何処かで何かが崩壊しているような音だ。身体の内側が少しずつ削り取られるような不快感を覚える。田島鉄也個展、と言う現場である。
d0045159_2331810.jpg

d0045159_23102828.jpg初日ギャラリーを訪れると、公開アクションの最中であった。用意されているのは、ヤマト糊、アスファルト、うがい薬、トウガラシの輪切り、鎮痛材、食用竹炭パウダー・・・ どう考えても結びつかないこれらの素材が、彼の芸術四大元素「自然ー身体ー精神ー社会」によって融合するのである。
d0045159_23105541.jpg
ここにある医薬品類を見て、作家の「身体は最も身近な自然である」と言う言葉を思い出す。医療と言うのはある意味では、肉体を自然から切り離す行為だ。身体は医薬品によって守られながら、同時に自然から遠ざけられてしまう。病気は自然現象である。病気が自然からのコンタクトだとすると、それを遮断する医療行為は身体を自然界から隔離する制度と言える。今回の「自然ー身体ー精神ー社会」を成立させる為には欠かせないツールなのであろう。
徳用4kサイズのヤマト糊を用いて、これらを練り込んで行く姿はまるで現代の鍊金術師…と言いたいところだが、施工中の普通のおじさんである。

d0045159_2357282.jpgd0045159_23573228.jpgd0045159_00153.jpgd0045159_00155.jpg
ここで繰り広げられている行為は、まぎれもなく芸術である。何故ならここは芸術を鑑賞することを前提に用意された画廊と言う空間だからだ。これが閑静な住宅街の塀に向けて行われていたら、立ち所に通報されて近くの交番で家族の迎えを待つハメになるであろう。作家は言う「芸術も制度である」と。本来自由とされる芸術表現が孕んでいる矛盾も、彼の作品行為に潜んでいるのだ。彼が野外ハプニングに及ばぬことを願うばかりである。
d0045159_0195568.jpg

d0045159_0434561.jpgこの日のアクションは終わった。作家の腕に付着したアスファルトの残骸を見て、己の幼少期に思いを馳せた。その頃すでに地面は厚くアスファルトに塗り固められ、遊び場の殆どが道路に面していた。激しく運動した結果、路上での転倒もしばしばあったが、その都度、手足にはアスファルトの細かい粒がめり込んでいたものだ。ふと、その時の感触が蘇って来た。身体はアスファルトを記憶していたのだ。高度経済成長期の都会に生まれた私にとって、アスファルトは正に外界=自然に繋がる入口だったのかも知れない。そう思うと、この黒い塊さえ私の身体の一部なのではないかと言う考えに捉えられた。肉体は歴史を記憶する。何処を向いても八方塞がりの危機的に膨れ上がった怪物を前に、我々は己の肉体と言う歴史のぎっしり詰まったもう一つの外界=自然に向かって脱出すべき時なのではないか、と作家の行為が物語っている気がした。
d0045159_321938.jpg
暴力的にすら映った作品行為の果てに出現した表面は、無機物と有機物が反応しながら解け合い、不思議な物質のゆらぎを漂わせて艶かしく光っていた。人類が去った後の文明の残滓が巨大なタールの海を作ると聞いたことがあるが、その始まりはこのような様子なのだろうか。

d0045159_2125641.jpgd0045159_213271.jpg
田島鉄也著作 "<野生>論"である。
一文を引用したい。「… 私が在ると言う事実。なぜ、何の根拠があって私は在るのか? なぜ在るのか、なぜ何もないではないのか? 存在の不思議、存在の凄さ、存在の驚き、いつ、何度でも私は驚愕する。確かに私は在る。…」五感に染み渡るような、瑞々しさである。現在開催中の展覧会場で消費税無し¥700で絶賛発売中。私は迷わず購入しサインを求めたのだ(って、これでは只のファンではないか!)


田島鉄也 個展 <自然ー身体ー精神ー社会>
1月28日(月)-2月 2日(土)
11:30-19:00 (-17:30 on Feb.2)
公開制作 2月2日(土) 15:00-

ギャラリー現 東京都中央区銀座1-10-19 銀座一ビル3F tel 03-3561-6869
http://g-gen.main.jp/

田島鉄也のメッセージサイト「感覚で世界を捉える」
http://te-tajima.blogspot.com/



d0045159_23362798.jpg東京の真ん中の居酒屋で、遥か遠洋で捕れたマグロのスキ身の「存在の不思議さ」に驚愕しながら、夜の更けるにまかせ、作家と杯を交わす至福の時間であった(やっぱ、只のファン?)


by exuok | 2013-02-02 02:02 | アート | Comments(0)