<

飯沢康輔ブログ 眠鮫日和  Art & Whisky
by exuok
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
アート
ウィスキー
ライフ
なかんじょライフ
インフォメーション
ワークショップ
トラベル
アトリエ
ボランティア
中之条ビエンナーレ2017
ウサギガジェット2016
動画
中之条ビエンナーレ2015
中之条ビエンナーレ2013
中之条ビエンナーレ2011
小須戸ARTプロジェクト2015
小須戸ARTプロジェクト2014
森は根で夢をみる
さくらnet 東北
sanma de DeeP Night
go-ya de baton
時の渚にて
あおプロ2007
桐生再演
Whilpool
The Road Not Taken 京都
最新のコメント
でしょー! そのうちにど..
by exuok at 14:01
北さん、久しぶりです! ..
by exuok at 08:16
ご無沙汰してます。 文..
by 北原です at 23:54
新岡さん お久しぶりです..
by exuok at 15:58
ありがとござます。時間や..
by exuok at 21:06
すてき・・・。 セロフ..
by かま猫 at 00:00
くまさん、暑中お見舞い申..
by exuok at 08:08
かわいい豚さんですね!私..
by くま at 08:03
ワタリ! ひさしぶりー..
by exuok at 16:16
しらさーん‼︎ すみま..
by watarx at 12:33
こちらこそ、いつもありが..
by exuok at 07:05
遅くなりました、今回の上..
by 夜っ師ー at 01:19
夜っ師ーさん、ありがとう..
by exuok at 06:36
熊谷さん、上にも書いてあ..
by exuok at 06:33
おお、かえたのかね、おめ..
by 夜っ師ー at 13:18
あずきちゃん号に替わって..
by くまがい まさ at 09:09
わたしのサイトに自分のレ..
by たじまてつや at 02:35
たじまさん、お疲れさまで..
by exuok at 21:19
そんなに難しくもないです..
by たじまてつや at 01:24
お越し頂きありがとうござ..
by exuok at 17:24
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
リンクス
ブログパーツ
ライフログ
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ:ウィスキー( 7 )
至福の時間
東京のナニがいいって、深夜の牛丼屋でポテサラ肴に瓶ビール飲む、幸せ♪
d0045159_21241889.jpg

by exuok | 2014-04-26 21:21 | ウィスキー | Comments(0)
白州蒸溜所
ウィスキーは美味しい水の賜物。南アルプスからもたらされた、きめ細やかな軟水を仕込水に使用したウィスキー白州。山梨県は北杜市、緑豊かな森の中に位置する白州町にその蒸溜所が建てられたのが1973年、山崎と並んで日本を代表するブランドとなった。そこはもう酒飲みの聖地といっても過言ではありません。ついに念願の巡礼… もとい、工場見学に足を踏み入れたのでした。(あ〜、早く試飲してえ。。。)
d0045159_8315814.jpg
爽やかな森の空気とは一転、工場に一歩入ると高温多湿、むせ返るような "もろみ" の香りに一瞬圧倒されます。飲めない人はここでダウンでしょうね。

d0045159_8493950.jpg左は糖化槽(mash tun)です。
ウィスキーにも色々ありますが、白州はいわゆるシングルモルトの製法で作られているので、原料は二条大麦100%。その大麦麦芽を乾燥粉砕したものを、仕込水の熱湯と共にこの中に入れ、デンプンを糖化させて糖液を作ります。
d0045159_8541474.jpgこれがいわゆる "もろみ"
先ほど糖液を濾過した麦汁に酵母を加えて発酵させます。ふつふつと気泡が立って酵母の息づかいが感じ取れるよう。
因みにこれを濾過してホップを加えたらビールになるんですね。
d0045159_9121239.jpg発酵槽(wash back)です。
3日ぐらい発酵させて糖分をアルコールに変化させます。
それにしてもスゴい香り、自然の育みから生まれるこの飲物を、昔の人がオー・ド・ヴィー(生命の水)と言ったのも良く解るなあ。
d0045159_926165.jpg
ずらりと並んだ蒸留機。シングルモルトの場合は単式蒸留器(pot still)を使用します。アルコールの沸点は78度なので、100度近い温度で熱してアルコール分の多い液体を抽出し、その作業行程を2度繰り返すことで、70度近いアルコールを取り出します。下の膨らんだところで "もろみ"を熱し、気化したアルコールが上部のくびれの部分で冷えて液体に戻る仕組みになっていますが、構造物としても、なんとも魅力的な形ですね。蒸留機のバリエーションによって、様々なタイプのアルコールを作り出せるそうです。
d0045159_9504227.jpg
そして樽詰め。見事なホッグスヘッド型ですね。樽(cask)にも色々な種類があって、パンチョン樽、シェリー樽、バーボンのバーレルなどが基本となり、原材料としてはミズナラを使用。さらにワインフィニッシュ、バーボンフィニッシュなど中古樽をあえて利用し、更なる味の広がりを追求します。

d0045159_1052027.jpgできたばかりのウィスキーを "ニューポット"と言い、無色透明、臭すぎて飲めたものではありません。これをじっくり寝かせて、あの芳醇な風味が醸し出される訳です。ウィスキー作りの最後の役者は時間(time)。
d0045159_10104289.jpgどうです、こうしてお手元に届けらたお酒達の長い旅に、思いを馳せながら飲んでみるのも、乙な楽しみ方かもしませんね。
さあ、美味しいお酒と共に素敵なひと時を(あんた誰?)

あ、白州は1:3のソーダ割りがおススメですよー!


d0045159_1036114.jpg有料試飲コーナー「Bar 白州」。各種ウィスキーが100円から試せます。都内のバーで1ショットうん千円のウィスキーが数百円でいただけたり、ってここは天国なのぉ(あへ〜)
サントリー白州蒸溜所
http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/
by exuok | 2012-08-21 16:51 | ウィスキー | Comments(0)
バクハイ
バクハイ、ビールとウィスキーのカクテル。白バクハイ、ビールとマッコリのカクテル。各290円
ここは「一軒め酒場」ご存知の方も多いかと思いますが、やっすーい!うまーい!
なんと言っても昼間っからやってるから良いね。こう暑くちゃ誘われちゃって、気付くとのれんくぐってます。
d0045159_9332824.jpg
白バクハイとアジフライ、揚げ物にピッタリ!!爽快な酸味がたまりません。
by exuok | 2010-07-27 16:13 | ウィスキー | Comments(0)
がんばれ弥太郎!
戦国と幕末のブームが交互に来てますね。ヒーローが望まれる時代なのでしょうか?
それでは便乗しまして龍馬ビール。
d0045159_10285535.jpg

d0045159_10301454.jpg高知の御当地ビールかと思いきや、中身はそっくりオランダビールだそうです。
飲み口かるく、あっさりした味わいが福山っぽいかな。

ではでは弥太郎に乾杯!(応援してます、個人的に)
by exuok | 2010-01-27 10:24 | ウィスキー | Comments(0)
ドイツビール
今、巷では「日本におけるドイツ年」と称して色々なイベントが催されてるようですね。その一つが横浜赤レンガ倉庫で開催されている「横浜オクトーバーフェスト2005」つまりミュンヘンの収穫祭に因んでドイツとゆかりの深い?横浜で本場ドイツビールを飲んで盛り上がりましょう!的なイベント。ビールに釣られて便乗して参りました。

d0045159_215574.jpg夕闇間近の赤レンガ倉庫街。白いテントの中が何やら盛り上がっているようです。
胸が高鳴る!
d0045159_232976.jpgさっそくドイツの生ビールを賞味。左の変わった形をしたグラスの方はエルディンガーヴァイスと言う香りが良くとてもフルーティーな味わいのビール。右のはビットブルガーピルス、こくがあって切れが良い日本人に受けの良さそうな生ビール。どっちも美味しかった〜。
d0045159_2105019.jpgテントの中では本場から招かれた楽団がドイツ民謡らしき音楽を奏でていて、なかば半狂乱になった人達が日独あいまみれた状態で踊りまくっていた。日本人とドイツ人って気質的に通じるとこあるよね。
d0045159_2164821.jpg
宴も終り桜木町に向かう道を散歩がてら歩いた。MM21の灯りがゆらゆら揺れて幻想的でした(酔ってるの?)
by exuok | 2005-10-02 08:48 | ウィスキー | Comments(6)
山崎樽出し原酒
山崎蒸留所のファクトリーショップでしか手に入らない、樽出し原酒をお土産に買って来て試してみました。でもピュアモルトとの表示なので何かとブレンドしてあるのでしょう。さすがに樽から直と言う訳には行かず、味の調整はされているようです。そう言えばファクトリー見学の時、山崎の0年ホワイトスピリッツを試飲してみましたが、荒々しくてとても1ショット飲めませんでした。アルコール度数は70%、舌と唇が痺れます。

d0045159_13232274.jpg8年と12年を購入。8年のオフィシャルボトルはもう市販されていないので稀少です、たぶん。


d0045159_13362318.jpg
そしてテイスティング。8年の方はピート香もほどよくあり若々しくてちょっとスパイシ−。12年はフルーティーで丸く複雑さもあって飲みごたえ充分!個人的には8年が好きでした。それにしても樽出しってガツンと来るからたまりません。
by exuok | 2005-05-10 22:14 | ウィスキー | Comments(2)
山崎蒸留所
午後、京都駅からJRで15分の山崎駅より徒歩10分の所にある、サントリー山崎蒸留所に工場見学ツアーをして来ました。予約をすれば誰でもフリーで見学できてその上、サントリーモルトの飲み比べまで出来ます。銘柄は北杜12年、山崎12年、響17年、やっぱ山崎が一番かなぁ。
d0045159_13293587.jpg
友達が神奈川と埼玉からわざわざ駆付けてくれました。(別にこのためだけじゃないですけど)約1時間程の見学と試飲、もろみのあま〜い香りが鼻をくすぐります。

d0045159_13325858.jpg
同世代の上ちゃんと同い年生まれの樽を囲んで。このあと、上ちゃんすっかりモルトにハマってテイスティングカウンターで飲みまくってました。ちなみにこのテイスティングカウンターでは1ショット100〜300円程度でマッカラン、ボウモア、ラフロイグがお試しできます。ラフの樽出しがうまかった〜。こっち引っ越そうかな。


d0045159_13422728.jpg駅に向かう帰り道にある居酒屋「山ちゃん」。ひょっとして山崎の樽が置いてあるのではと期待をふくらませつつ寄ってみるとこの日は定休日、無念〜。

d0045159_13472940.jpg京都に戻って、三条あたりで飲みました。当然、モルトウィスキー!といきたかったのですが、見学ツアーでヘロヘロになってしまったのでビールに抑えておきました。先斗町で気になるお店を発見、珍しいウォカ・バー。にしても、マトリョーシカってこんなにあるんだ。
by exuok | 2005-05-02 17:17 | ウィスキー | Comments(2)